女の人

勤怠管理をパソコンですることが可能|管理の手間を省く

退勤と欠勤を管理する

2人の女性

勤怠管理システムによる勤務時間の管理

勤怠管理とは、社員の出勤から退勤と欠勤の状態を把握するためのシステムです。目的は、社員が決められた勤務時間を守っているかどうかを管理することです。 勤怠管理の方法としては、タイムカードによる出勤と退勤の時刻を記録したり、自己申告制の場合もあります。 勤怠管理システムとは、企業側がタイムカードなどの代わりに取り入れたシステムで、個人識別のためのICカードや指静脈で、社員の出勤と退勤の記録や残業などの給与計算を自動で行ってくれるます。本社から離れた支社工場などでは、クラウドシステムによる勤怠管理が行われて一括管理することが可能になりました。 企業では、労働管理における適正労働時間は正確であることが重要です。したがって、より正確な始業時刻と終業時刻が労働時間の計算において求められているのです。

管理においての労働のルール

労働時間とは、始業と終業の時刻と時刻が正確にあって計算できる時間です。ですから、労働ルールにおいて、労働者の1日1日の始業から終業までの正確な時刻の把握と記録が不可欠になります。なぜならこの記録を基に、何時間労働をしたのかを確定しなけらばならないからです。 代表的な時刻管理の方法としては、使用者側と労働者側で互いに始業事実と終業事実を、その都度時刻に合わせて目視による確認と記録をすることです。この現認は、原則1番になっています。しかし実際に実行することは非常に困難で、タイムカードやICカードによる記録方法が用いられています。一番ポピュラーな物としてはタイムカード管理で、仕事現場での労働時間管理の中心指導となっています。